フリーダム21は奈良を拠点に「自立生活センター」と呼ばれる障害のある人が運営の中心となり、重度の障害を持っていても、地域でその人が望む社会生活を送ることができる社会の実現を目指して様々な支援を行っています。生活で困っていることなどの様々な相談や、福祉制度を良くするために県や市などとの交渉も行っています。また日々の生活をサポートできるようにホームヘルパーによる居宅介護支援を行うなど多岐にわたります。
以前に比べて、障害のある人が地域社会で暮らす環境は改善されていますが、市町村によっては福祉制度だけで不自由なく生活するには不十分であり、制度で足りない部分は介護者を自分で探す必要があります。また、福祉制度を利用するには知識や交渉術が必要です。他にもバリアフリーな住居が少ないなど、自立生活を始める方にとっては様々な障壁を乗り越えなければいけません。私たちは、そのような自立生活を目指している方の障壁を無くし、自立生活を送っている人がさらに暮らしやすい環境を作るという、大変重要な役割を担っています。

KC3N0034

理念

自立生活支援センター フリーダム21」は、特定非営利活動法人、いわゆるNPO法人として運営しており、「地域活動支援センター事業」と「居宅介護事業」により、障害のある人の自立生活を支援する組織です。地域活動支援センター事業では、障害当事者メンバーが、自立生活支援のための「生活相談」「情報提供」「社会資源研究創出」「手工芸等作業」「IT技術活用」など、社会との交流促進・創作的活動を行っています。また、居宅介護事業では、利用者の自己決定を尊重してその方らしい生活の実現を支えるという理念のもとヘルパー派遣を行っています。

運動体と事業体握手

運動体と事業体

障害のある人はかつてきわめて限られた選択肢の中でしか生きられない状況にありましたが、自分の望む生活を実現する道を自らの手で切り開いてきました。施設や親元ではなく、地域で自分らしく暮らすために必要な制度を創り出して今に至っています。フリーダム21でも、そのような自立生活を実現する流れの中に身をおいています。私たちは、自立生活を推進する「運動体」と必要なサービスを提供する「事業体」というふたつの性格を併せ持った組織として、障害のある人が人として営む、当たり前の生活を実現できるようになるための支援活動を続けています。

ヘルパー部キャッチ

自立とは

「自立」はフリーダム21にとって、大きな意味を持つキーワードです。一般的には、「自立」というと、身の周りのことは自力で行う「身辺自立」や生活費を自分で働いて得る「経済的自立」をイメージされるでしょう。しかしながら、私たちの「自立」とは、必ずしもすべてのことを自分自身でできなくても、自分の意志で決め、行動に自分で責任を持つということを指します。人の手を借りてでも自己決定が実現できれば、それが「自立」であると考えます。